top of page

「ガスコンロの電池交換方法・交換が必要なサインとは?」

ガスコンロの電池交換

ガスコンロの正常な動作を確保するためには、電池の状態を定期的に確認し、必要に応じて交換することが不可欠です。今回は、ガスコンロの電池交換方法とそれをチェックするためのポイントをお伝えしていきます。


 

ガスコンロに使用する電池の種類

ガスコンロに使用する電池の種類

ガスコンロに使用する乾電池の種類はアルカリ乾電池とマンガン乾電池の2種類のどちらかをご使用ください。

・アルカリ乾電池の特徴

  1. 長持ち: アルカリ乾電池は、使い始めてから長く使えます。例えば、リモコンや時計などの日常的に使うものに最適です。

  2. 強力な力: アルカリ乾電池は、一度にたくさんの電気を出すことができます。なので、電力をたくさん必要とするものに適しています。

  3. 保存しやすい: アルカリ乾電池は長期間使わなくても、性能が落ちにくいです。なので、予備の電池を持っておいても安心です。

  4. 電力を保つ: アルカリ乾電池は、使わないときでもエネルギーを長く保つことができます。つまり、予備の電池を長期間持ちたい場合にも最適です。


・マンガン乾電池の特徴

  1. 短期間の使用に適している: マンガン乾電池は、比較的短い期間の使用に向いています。たとえば、一度きりのイベントや非常時の照明など、一時的な電力が必要な場合に便利です。

  2. 低価格: マンガン乾電池は一般的にアルカリ乾電池よりも安価です。そのため、予備の電池として数個持っておくのも負担になりません。

  3. 低消費電力デバイスに適している: マンガン乾電池は出力が比較的低いですが、その分長期間にわたって低消費電力のデバイスに電力を供給できます。

  4. 廃棄の際に環境への影響: マンガン乾電池は、アルカリ乾電池よりも環境への影響が少ないとされています。ただし、リサイクルが行われない場合、マンガンなどの有害物質を含んでいるため、廃棄処分には配慮が必要です。


・電池のサイズ

ガスコンロによって電池のサイズは異なってきますが、単1電池が2本の場合が最も多いサイズになります。その他のサイズですと単2電池を使用する場合もありますので、通常に使用できているうちに現在使っているコンロの電池のサイズを確認してもらい、予備として購入しておけばガスコンロの電池が切れてしまった時にすぐ交換ができます。


以上2種類の乾電池にはそれぞれの特徴があり、両方ともガスコンロの電池交換に使用する事ができます。おすすめの乾電池の種類は出力が高く、長持ちするアルカリ乾電池となります。


 

ガスコンロの電池交換のタイミングはいつ?

ガスコンロの電池交換はいつ

現在販売されているガスコンロには「電池交換サイン」がついており、電池の残量が少なくなってくると点滅してお知らせをしてくれます。

「電池交換サイン」以外だと、点火する時にスパーク音が通常は「チチチチチ」だったのが「チ・・・チ・・・チ」とスパークする間隔が長くなってくるのでスパーク音も交換の目安となります。

また新品で購入したガスコンロの場合に同梱されている「お試し用電池」は通常の電池より寿命が短いので、あらかじめ予備電池を用意しておくことをおすすめします。


ガスコンロの電池交換方法

ビルトインコンロの場合

ビルトインコンロの電池交換方法

システムキッチンに埋め込まれているタイプのビルトインコンロの電池交換は、コンロを点火する際に操作する、操作パネルの左右どちらかに開閉カバーがあり、カバーを開くと乾電池がセットされています。


据置型コンロの場合

据置型コンロの電池交換方法

据置型コンロとはガステーブルの事になります。ガス栓からゴムホースでガスコンロに接続されているタイプです。

据置型は前面の操作パネルの左右どちらかに電池ケースが設置されており、電池ケースを引き出すと電池が出てくるタイプとなります。


埋め込み型ガスコンロ(グリルなし)

埋め込み型コンロの電池交換方法

埋め込み型ガスコンロはワンルームなどに良く設置されいるグリルが無く、ガスバーナーだけがあるシンプルなタイプのガスコンロになります。

正面から見ると火力調整のつまみだけで、どこに電池があるかわかりづらいですが、コンロの下をのぞき込んでもらうと電池がセットされています。


 

電池交換してもガスコンロが使えない時は

ガスコンロの火が付かなくなり、電池を交換してもまだ点火しない場合は他に原因があるのでお客様で対応できることをお紹介します。

・バーナー汚れやごみが付着している

バーナー部分を一度外し、歯ブラシなどで清掃してみてください。

・ゴトクがずれている

ゴトクがずれていると着火しない場合がありますので、正常な位置へ戻して再度点火テストをしてください。

・ガス栓の開け忘れ

ガスコンロの電池交換をする際に安全の為ガス栓を閉めていて、開けるのを忘れてしまった場合は落ち着いて、再度ガス栓を開けて点火テストしてください。

・電池の入れ方間違い

これが一番多いですケース。ガスコンロの電池交換をする際に+・ーを逆にセットしてしまうケースです。電池は+・-逆にしてもセットができてしまう場合があるので、セットする時は電池ケース内等に記載されている方向を確認してからセットしてください。

・その他

確認できる個所は見たが、それでも点火しないという時は無理に点火スイッチを何度も押したりしないでください。火が付かないで点火スイッチだけを押すとガスだけが放出され、一酸化炭素中毒の恐れもでてきてしまうので、専門業者へご連絡をしてください。


 

ガスコンロの不具合や交換のご相談は

「アメニックスコンロ」

最短当日からお伺いします

TEL:0120-167-806

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page